sample「ふせんで作る1/40の世界」

著者、デザイン、ほぼ編集。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出版社の意向で

カバーの写真がメインに考えていた写真と違うものにされたり、

タイトルの書体も本文で一切使ってない書体になったり、

なんか書体を太くして目立たせようとするのはどうかと

センス無い出版社に多い傾向。

毎回、企画の段階で「切りグラフ」をタイトルにしたいと言ったら

意味がわからないからと却下されるが、今回のこのタイトルはなんだ!

しかも切り絵の本なのに、切り絵の本があまり売れてないという理由から

切り絵という言葉も入れてないし、

スポーツがテーマなのにジャンルが偏るからとスポーツも

メインタイトルにいれていない。

後で気づいたのですが

グラフィック社のテラダモケイの本のタイトルのパクリだし。

う〜〜ん、最悪!

著者の意向をもっとくみ取って欲しいもんです。