怪獣絵師、開田裕治先生のあの名作がぬりえに!

基本、線画が存在しない先生の作品を自ら線画に書き起こした貴重な一冊!

線画だからこそ見えてくる、イラストの構造などイラストのヒントとしても

役立つ本になっています!

 

編集&デザインしました!

著者を2人にしたら、もっと早くできるかとおもいきや

3倍かかってしまい、1年半かかりました。テヘ。

それだけ時間をかけたかいがあった、充実の一冊になっております!

 

ぬりえブームにのっかってつくった本書ですが

本当にいろいろ大変でした。

ま、結果オーライ!

7ヶ月間以上かかって、完成した、おれ史上最高傑作を塗り替えた一冊!

いや、私が最高なのではなく、やまだ先生が天才なのでした!

大量のラフ画稿にそれぞれ解説がついて読み応えも十分!気合いの作品集。

おもちゃやプラモデル用にデザインをリファインするテクニックはやまだ先生ならでは!

去年の「アニメキャラクターの作画&デザインテクニック」にひきつづき

アニメーター羽山淳一の筆ペンで描いたアニメキャラクターのイラスト集!

これが去年、本当にやりたかった企画。まさに本丸!

昭和アニメ好き向けになったかもしれませんが

絵のクオリティをじっくり眺めてほしいです。

 

アニメキャラクターの描き方という体裁にしつつ、アニメーター羽山淳一のオリジナル描き下ろし、作品集という感じの一冊。

6ヶ月以上をかけて完成した渾身の一冊なのだ!

ファミレスで膝つき合わせてその場で絵を描いてもらっていたのが

懐かしいなあ。